STAFF

スタッフについての説明

SUPPORT STAFF  <スタッフのサポート体制
ISDAKは寮生、寮生スタッフ、学校機関、アドバイザーにより運営される組織です。ISDAKは、安全で誰もが住みやすい空間を実現するために以下のようなシステム、役職を導入しています。

Live-in adviser (Hitotsubashi University faculty) <住み込みスタッフ(一橋)
一橋大学に所属する教師、スタッフが実際にISDAKに住み、生活を共にしながら、寮生の暮らしのサポートをしています。寮生活をする上での心配事、問題解決なども担当します。寮生の声に広く耳を傾け、さまざまな視点からアドバイスができるよう心掛けて運営を行っています。

Plaza Management Office <プラザ管理室>
プラザ管理室は寮生から、プラザの名前で親しまれており、寮全体の管理、寮生のサポートを行います。週末も含め、朝の9時から夕方の6時まで開いています。入寮、退寮、施設利用、日々の生活相談なども担当している、寮生の強い味方です。

Resident Assistant (RA) <RA(レジデントアシスタント: 学生自治スタッフ)>
RAは一橋大学、東京学芸大学、電通大学、東京農業大学により任命された、学生スタッフです。みなさんと生活を共にしながら、寮の自治、寮生対象のイベント運営などを通して、留学生を含む寮生同士を繋ぐ窓口の役割を担い、みなさんがより良い寮生活を送れるよう、サポートを行います。

Community Assistant  <CA(コミュニティーアシスタント)>
共用フロアとよばれるA棟、E棟に住む学生スタッフで、寮生活でのトラブル解決や寮生同士の交流促進のために尽力します。

CA for Building E <E棟CA
E棟のCAは、短期留学生に対してのサポートを中心に行います。留学生へ、言語面はもちろんのこと、生活相談なども行い、留学生が快適な寮生活が送れるようサポートします。CAの任期は1年です。

Guardhouse <守衛所>
守衛所は寮の正門の横にあります。寮生の安全を24時間、365日守り、プラザ管理室が開いている時間以外はここにトラブルなども相談します。
また、外出中に郵便物が届けられた場合は、守衛所に一時保管され、24時間受け取ることができるので大変便利です(※受け取りには、学生証と配達通知書の提示が必要です。また、現在は新型コロナウィルスの影響もあり、守衛所の一時受け取りシステムは休止しています。)